プロフィール

ヴィーガン料理家 袴田はるか

2018年10月、広島から京都に引っ越してきました。
ヴィーガン歴5年の31歳。3歳の娘と41歳の夫とともに京都市内で暮らしています。
2019年1月よりヴィーガン料理教室スタート。
有難いことに多くの方にご参加頂いています。

今までの活動はこちらにまとめています。
ヴィーガンランチ営業、ケータリング、弁当宅配など。
料理教室の様子はこちらから。
ナチュラルフードコーディネーター。
京都市「オーガニックハウスサルーテ」の料理教室で料理を学びました。

ヴィーガンを始めたきっかけは、動物愛護。
毛皮の作られ方、工場畜産の残酷な様子を見て動物性のものが食べられなくなりました。
屠殺場や動物愛護センターにも見学に行き、文献を読み、学びました。

そして、それまで全く料理をしなかった私がヴィーガン料理を始めました。
そしたら、これは驚き!ヴィーガン料理の美味しいこと!

野菜やお豆腐でこんなに美味しいお料理が作れるなんて!
有機農家さんにも見学に行き、私たちが口にする全てのものが多くの人によって成り立っていることを知りました。
「なぜこんなにも素晴らしい世界を今まで知らなかったのだろうか」と後悔するほど、どんどんヴィーガン料理の世界にはまっていきました。

料理は、芸術です。
作っている人の人柄やイメージが現れる作品です。
だから、どんな料理も美味しい。
難しいことなど何もありません。

私は、テーブルコーディネイトが苦手です。
見た目に華やかなものをつくることは出来ません。
でも、毎日の食卓が華やぐ料理は作ることが出来ます。
同じテーブルを囲み、美味しいねと食卓がHAPPYになる料理。
そして、それが動物にも地球環境にも優しい料理だったら最高ではありませんか!

「美味しく、楽しく、手軽なヴィーガン料理」
これをコンセプトに日々活動しています。
ご興味ある方と楽しい時間をご一緒出来たら、こんなに嬉しいことはありません♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする