余り物でヴィーガングラタンのようなもの

ベジ育児料理人、そらや うみです

今日は、トマト缶が微妙な分量残っていたので、それを使って超適当なグラタンのようなものを作りました
FullSizeRender
ヴィーガングラタン!
上に乗ってるのは溶けなかった餅です
トマト缶を使ってトマトソースをつくり、
豆乳と玉ねぎで作ったヴィーガンベシャメルソースと合わせ、
蒸し野菜にかけて焼きました。
計量せず作ったので分量は定かではないですが、材料や作り方は以下です↓
【トマトソース】
トマト缶、玉ねぎ、味噌
①玉ねぎをみじん切りにしてフライパンで炒める。
②トマト缶を入れる。
IMG_2945
③塊を潰して少々煮込む
IMG_2946
④煮込んだ後はハンドミキサーでガーッとソース状にする。味を見てコクが足りなかったので味噌を投入。良い仕上がりになり完成!

【ベシャメルソース】
豆乳、玉ねぎ、薄力粉、味噌
①玉ねぎをみじん切りにしてフライパンで弱火でじっくり炒める。
②①に小麦粉を入れて炒める。
③②に豆乳を入れる。
④ねっとりとしてきたら、ハンドミキサーでガーッとソース状にする。味を見てコクが足りなかったので味噌を入れる。
完成!
IMG_2947
どちらも作り方ほぼ一緒ですね。
コク出しには味噌が一番良いと思います。
適量入れるとグンと味に深みが増します。
ベシャメルソースには白味噌が一番合います。
そして、グラタン作成へ。
別の鍋で蒸していた野菜をお皿に敷き、
大豆ミートを入れます。
FullSizeRender
トマトソース→ベシャメルソースの順に上からかけて、少しとろみを出すために薄く切った餅を上にかけ、パン粉を散らします。
FullSizeRender
オーブンで、200度で15分くらい焼いて完成です
FullSizeRender
中身はこんな感じ↓
FullSizeRender

余り物で適当に作りましたが結構美味しかったです。
娘3歳もパクパク食べてくれました
本格的に作ろうと思えばもっと工夫するポイントは沢山あります。
例えば、
①お餅はスライサーなどで砕いてからかける
⇒しっかり溶けてチーズのようになり美味しいです。
②グラタン皿に、材料を入れる前にオリーブオイルなどを塗る。
⇒お洒落な風味になりお店の味です。
③中身は蒸し野菜でなく重ね煮野菜を使う。
⇒グッとコクが出て更に満足感のあるグラタンになります。ソースでの味噌の使用量が減ります。
などなど…。
ベシャメルソースもローリエと一緒に炒めたり、玉ねぎを蒸し煮してみたりと色々出来ることはありそうですね。
ともあれ、時短・余り物適当料理としては満点の出来でした
美味しかったです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする