広島精進料理塾を受講してきました!

ベジ育児料理人、そらや うみです

2018年9月30日の料理記録は、『精進料理』です

広島市大手町にある普門寺にて、精進料理教室を受講してきました
精進料理とは、肉・魚・卵・乳製品・葷(ごくん)を使用しない料理のこと。
曹洞宗の開祖道元禅師が宗より持ち帰ったもの
だそうです。

私が受講した広島精進料理塾とは、『禅』の
心を学ぶ料理塾です。
料理はもちろんですが、食事の作法なども学べ
ます。

作った料理は、こちら
IMG_1498

★米なすのアボカド田楽
★天然稀少きのこ汁
★新米のまつたけご飯
★ロメインレタスの和え物
★間引き大根の浅漬け

松茸、香茸、サクラシメジなどの香りも良く
高級なキノコや旬の野菜をたっぷり使った精進料理は、
とても美味しかったです~
素材そのものを、あまり手を加えず
シンプルに楽しむ精進料理。
食感や香りを楽しむ贅沢なお料理でした

また、印象に残ったのが「精進料理の食事作法」。
一言で言うと、
自分自身と向き合いながら食べるという作法なんです!

食事中はしゃべらず音を立てない、
食べ物を口に入れている間はお箸を置いて
咀嚼することに集中する、
食べ終わったら熱いお茶で器を洗い、
1切れ残しておいたお漬物で器を洗って終了です。

これがなかなか、非日常で楽しかった
食事中はしゃべらないし、
食べている間はお箸をおかなければいけないので、
1品の料理にしっかり向き合い食感や味を楽しむことが出来ます。
食事の間に集中して自分自身と向き合うという
修行なのだそうです。

毎日は・・・辛いかな・・
しゃべりながら感想を言い合って食事がしたい
なぁ~と思いましたが、
ピシッと心を整えたいときは、
静かな環境で自分自身と向き合うという食事作法
はとても良いなぁと思いました。

精進料理、奥が深くもっと知りたいと思いました。
料理をする上で大切なことがたくさん詰まっているような気がします。
典座教訓・赴粥飯法という本に記してあるということなので、
早速購入してみます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする